スポンサーリンク

CEOとCOOの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

経済

「CEO」と「COO」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも会社経営に関する用語ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「CEO」と「COO」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

CEOの定義

「CEO」を広辞苑で調べると、

最高経営責任者。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「CEO」は最高経営責任者を指すことがわかりました。

「CEO」は、「Chief Executive Officer」の略で、米国企業の経営組織上の呼称です。

日本に置き換えると「最高経営責任者」となり、会長や社長などの職階とは異なります。

「CEO」の主な役割は、その会社の経営の方向や事業計画について、重要な判断をすることです。

つまり「CEO」は、「何をするか決断する役職」と言えます。

COOの定義

「COO」を広辞苑で調べると、

企業組織で,最高業務執行責任者。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「COO」は最高業務執行責任者、ということがわかりました。

「COO」は、「Chief Operating Officer」の略で、日本に置き換えると「最高業務執行責任者」となります。

「CEO」と「COO」はよく似ていますが、明確な違いは、それぞれの役割です。

「CEO」の役割は、会社の方針などを決めることですが、「COO」は、その方針に沿って実際の業務を進めることが主な仕事です。

つまり「COO」は、「CEOが決定した業務を、スムーズに実行するための役職」と言えます。

経営者になるためのノート
created by Rinker
created by Rinker
¥9,900 (2024/02/23 10:50:04時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「CEO」と「COO」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • CEOは「最高経営責任者
  • COOは「最高業務執行責任者」

となり、「CEO」は何をするか決断する役職であり、「COO」はCEOが決定した業務をスムーズに実行するための役職、であることがわかりました。

社長と代表取締役の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

経済
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました