スポンサーリンク

全壊と半壊の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

言葉

「全壊」と「半壊」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも壊れている様子ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「全壊」と「半壊」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

全壊の定義

「全壊」を広辞苑で調べると、

めちゃめちゃにこわれること。すべてこわれること。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「全壊」はすべてこわれることを指すことがわかりました。

「全壊」は、建物が完全に破壊されてしまい、修理するのが不可能な状態を指します。

一般的に、自然災害や火事などで建物がひどく損傷し、そのままでは使えないときに使われるのが「全壊」です。

例えば、大地震が起きたときに家の柱や壁が崩れ落ち、屋根も壊れてしまうような状態などが「全壊」に当たります。

つまり「全壊」とは、建物が修理不能なまでに破壊された状態、であるといえます。

半壊の定義

「半壊」を広辞苑で調べると、

建物などがなかばこわれること。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「半壊」は建物などがなかばこわれること、ということがわかりました。

「半壊」は、建物が部分的に壊れてしまった状態を指しますが、完全に壊れてしまったわけではなく、修理すれば再び使用できる状態のことです。

例えば、強風や台風で家の屋根が一部吹き飛ばされたり、窓ガラスが割れたりした場合、それでも家の土台や主要な支柱がしっかりしているなら、その家は「半壊」と見なされます。

つまり「半壊」とは、修理すれば使用できる程度の破損状態であるといえます。

created by Rinker
¥9,900 (2024/07/13 11:56:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「全壊」と「半壊」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 全壊は「すべてこわれること
  • 半壊は「建物などがなかばこわれること

となり、「全壊」は建物が修理不能なまでに破壊された状態で、「半壊」は修理すれば使用できる程度の破損状態であることがわかりました。

建築と建設の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

言葉
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました