スポンサーリンク

銭ゲバと守銭奴の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

言葉

「銭ゲバ」と「守銭奴」の違い、あなたは説明できますか?

どちらもお金に関する言葉ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「銭ゲバ」と「守銭奴」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

銭ゲバの定義

「銭ゲバ」を広辞苑で調べると、

金銭をめぐる争い。また、金銭のためなら手段を選ばないこと。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「銭ゲバ」は金銭をめぐる争い、ということがわかりました。

「銭ゲバ」は、「銭」と「ゲバルト(暴力を意味するドイツ語)」を組み合わせた造語です。

この言葉は通常、非常に強欲で、他人の迷惑や法を無視してでも金銭を得ることを目的とする人を指します。

例えば、詐欺や恐喝などの手段を使ってでも、金銭を得ることに執着する人が「銭ゲバ」です。

つまり「銭ゲバ」とは、手段を選ばずにお金を得ようとする人、であるといえます。

created by Rinker
¥359 (2024/07/13 04:10:49時点 Amazon調べ-詳細)

守銭奴の定義

「守銭奴」を広辞苑で調べると、

金をためるばかりで、使おうとしないけちんぼ。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「守銭奴」はお金を貯めるばかりで使おうとしない人、ということがわかりました。

「守銭奴」は、お金を使うことを極度に嫌がり、貯めることに固執する人を意味します。

例えば、自分の健康や幸福を犠牲にしてでも、お金を貯め込むことに満足を感じる人が「守銭奴」です。

つまり「守銭奴」とは、お金を使わずに貯め込むことに固執する人、であるといえます。

created by Rinker
¥9,900 (2024/07/13 11:56:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「銭ゲバ」と「守銭奴」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 銭ゲバは「金銭をめぐる争い
  • 守銭奴は「お金を貯めるばかりで使おうとしない人

となり、「銭ゲバ」は手段を選ばずにお金を得ようとする人で、「守銭奴」はお金を使わずに貯め込むことに固執する人であることがわかりました。

キャッシングとカードローンの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

言葉
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました