スポンサーリンク

食塩とあじしおの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

食べ物

「食塩」と「あじしお」の違い、あなたは説明できますか?

どちらもさまざまな料理に使われる基本の調味料ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「食塩」と「あじしお」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

食塩の定義

「食塩」を広辞苑で調べると、

食用の塩。主成分は塩化ナトリウム。鉱床または海水中に存在する。味つけおよび防腐剤に用いるほか、工業上、水酸化ナトリウム・炭酸ナトリウム・塩素・塩酸などの製造原料。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「食塩」は塩化ナトリウムを主成分としたもので、味付けや防腐剤として使われていることが分かりました。

「食塩」は海水を蒸発させて作られており、99%以上が塩化ナトリウムで、残りは炭化マグネシウムなどが微量含まれています。

味は塩辛く、料理の味付けに用いたり、食材を塩漬けにして長期保存をしたり、融雪剤として用いられたりとさまざまな場面で役立っています。

created by Rinker
塩事業センター
¥2,265 (2022/11/29 13:04:37時点 Amazon調べ-詳細)

あじしおの定義

「あじしお」は広辞苑に掲載がないためWikipedia等で調べると、「あじしお」は味の素株式会社から発売されている調味料であることが分かりました。

「あじしお」は食塩にうま味成分であるグルタミン酸ナトリウムをコーティングして作られています。

「あじしお」は1960年から発売されており、長い間消費者に愛されている商品のひとつです。

created by Rinker
アジシオ
¥1,406 (2022/11/29 13:04:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2022/11/29 06:58:42時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「食塩」と「あじしお」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 食塩は「塩化ナトリウムを99%以上含む調味料で海水を蒸発させて作られる」
  • あじしおは「味の素株式会社から発売されている商品で、食塩にうま味成分を加えた調味料」

となり、「食塩」は塩化ナトリウムを主成分とした調味料であるのに対し、「あじしお」は味の素株式会社から発売されている調味料であることが分かりました。

魚の切り身の塩と甘塩の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

食べ物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました