スポンサーリンク

練習と演習の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

言葉

「練習」と「演習」の違い、あなたは説明できますか?

どちらもスキル向上のために学習する事ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「練習」と「演習」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

練習の定義

「練習」を広辞苑で調べると、

学問・技芸などの上達を目標に、繰り返して習うこと。習練。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「練習」は目標達成のために繰り返し行う学習だということがわかりました。

「練習」とは、特定の技能や知識を習得し、向上させるために繰り返し行う活動を指します。

これにはスポーツ、音楽、学問、言語学習など、さまざまな分野が含まれます。

練習の効果を高めるには、適切な目標設定や練習方法の選択、反復演習、そしてフィードバックが有効です。

つまり、定期的かつ意識的な練習をすることで、より高い技術やパフォーマンス向上が期待できます。

演習の定義

「演習」を広辞苑で調べると、

物事に習熟するために練習を行うこと。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「演習」は練習を重ねることであるということがわかりました。

「演習」は、特定のスキルや知識を習得するために行われる、実践的な訓練のことです。

実践的な訓練とは、まるで本当の場面にいるかのように、実際に行動する練習を指します。

例えば、軍隊では戦闘訓練をしたり、スポーツでは練習試合をしたりするのが「演習」です。

つまり「演習」とは、いざという時に迅速に判断し、難しい状況にも対応できるようになることが目的の練習と言えます。

created by Rinker
¥9,900 (2024/07/13 11:56:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「練習」と「演習」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 練習は「目標達成のために繰り返し行う学習
  • 演習は「練習を重ねること

となり、「練習」は自身の能力を向上させるために繰り返し行う活動で、「演習」はいざという時に迅速に判断するための練習であることがわかりました。

練習と特訓の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

言葉
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました