スポンサーリンク

オーブンとグリルの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

商品

「オーブン」と「グリル」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも料理の際に使用する機械ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「オーブン」と「グリル」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

オーブンの定義

「オーブン」を広辞苑で調べると、

天火てんぴ

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、続いて「天火」を広辞苑で調べると、

西洋料理用の加熱調理器具。普通、内部に棚を設けた箱型で、棚には料理の材料をのせた天パンを置き、加熱した空気によって蒸焼きにする。オーブン。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「オーブン」は加熱した空気によって蒸し焼きにする器具であることが分かりました。

「オーブン」は四方からじっくり熱を通して加熱することから、ローストチキンなどの大きなものも美味しく作ることができます。

また、まんべんなく加熱することができるため、ケーキや焼き菓子の調理にも向いています。

グリルの定義

「グリル」を広辞苑で調べると、

肉や魚の焼網。網焼き料理。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「グリル」は肉や魚の網焼きを指すことが分かりました。

「グリル」は焼網の上に食材を乗せ、上下から直接熱を当てて加熱するため、短時間で調理することが可能です。

created by Rinker
¥9,900 (2022/10/01 05:03:53時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「オーブン」と「グリル」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • オーブンは「庫内の空気を熱することによって食材を四方からまんべんなくあたためて加熱する調理機器で、じっくり火を通すため大きな食材や焼き菓子に適している」
  • グリルは「庫内の上または下から直接熱を当てて食材を加熱する調理機器で短時間調理が可能」

となり、「オーブン」は熱した空気によって加熱調理する機器であるのに対し、「グリル」は食材に直接熱を当てて加熱調理する機器であることが分かりました。

パイとタルトの違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

商品
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました