スポンサーリンク

飛行機と航空機の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

乗り物

「飛行機」と「航空機」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも空を飛ぶ機械ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「飛行機」と「航空機」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

飛行機の定義

「飛行機」を広辞苑で調べると、

動力で推進し、固定翼で抑揚を得る重航空機。推進器の種類によってプロペラ式・ジェット式に分かれる。1903年アメリカのライト兄弟が世界最初の動力飛行を行なった。

広辞苑 第七版 2447Pより [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「飛行機」は「航空機」の中で特に動力装置を付けた、固定された翼を持つ機械のことを指すことが分かりました。

身近な乗り物である旅客機が「飛行機」の代表的なものです。

一方で、同じく身近な乗り物である「ヘリコプター」は、動力装置を持っていますが、固定翼ではなくクルクル回る回転翼が付いていることから、飛行機とは呼びません。

航空機の定義

「航空機」を広辞苑で調べると、

大気中を飛行する機械の総称。気球・飛行船などの軽航空機とグライダー・飛行機などの重航空機とに分ける。法令上は、気球・ホバークラフト・宇宙船・ミサイルなどは含めない。

広辞苑 第七版 974Pより [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「航空機」は宇宙船やミサイルなどを除いたほとんどの空を飛ぶ機械のことを意味することが分かりました。

よって、「航空機」には「飛行機」も含まれます。

さらには「ヘリコプター」や「気球」といったさまざまな空を飛ぶ乗り物や機械が「航空機」と呼ばれるのです。

created by Rinker
¥9,900 (2022/09/29 04:59:41時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「飛行機」と「航空機」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 飛行機は「航空機の1つで、動力装置を付け、固定翼を持つ乗り物や機械」
  • 航空機は「空を飛ぶ乗り物や機械の総称」

となり、「飛行機」は動力装置と固定翼を持つ航空機であるのに対し、「航空機」は空を飛ぶ機械全般であることが分かりました。

汽車と電車の違いはこちらでまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

乗り物
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました