スポンサーリンク

薄荷とスペアミントの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

自然・現象・生物

「薄荷」と「スペアミント」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも清涼感のある香料ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「薄荷」と「スペアミント」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

薄荷の定義

「薄荷」を広辞苑で調べると、

シソ科の多年草。茎・葉共に薄荷油の原料となり、香料および矯味矯臭薬となる。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「薄荷」はシソ科の多年草ということがわかりました。

「薄荷」はハーブの一種で、爽やかな香りと味が特徴です。

「薄荷」は一般的に乾燥した葉を使用し、料理や飲料、ハーブティーなどに使用されます。

また「薄荷」は薬用としても広く利用され、消化を助けたり、風邪や頭痛の症状を緩和したりする効果があるとされています。

つまり「薄荷」は、料理や薬用として乾燥した葉を利用するハーブです。

スペアミントの定義

「スペアミント」を広辞苑で調べると、

シソ科の多年草。ヨーロッパ原産。ハッカに似た香草で、欧米では主要な香料植物とされる。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「スペアミント」はヨーロッパ原産のシソ科の多年草ということがわかりました。

「スペアミント」はハーブの一種で、薄荷と同じく爽やかな香りや味わいが特徴です。

一般的には料理や飲料、デザートに使用され、生葉も香り付けや装飾に用いられることがあります。

「薄荷」と「スペアミント」は似ていますが、外見的な違いとしては、薄荷の葉はより細長く、スペアミントの葉はより丸みを帯びているのが特徴です。

また、「薄荷」は風邪や消化不良の症状を和らげるのにより効果的であり、「スペアミント」は料理やデザートの風味付けにより適しています。

つまり「スペアミント」とは、料理やデザートの風味付けに適した生葉を利用するハーブ、であるといえます。

created by Rinker
¥9,900 (2024/07/13 11:56:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「薄荷」と「スペアミント」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 薄荷は「シソ科の多年草
  • スペアミントは「ヨーロッパ原産のシソ科の多年草

となり、「薄荷」は料理や薬用として乾燥した葉を利用するハーブで、「スペアミント」は料理やデザートの風味付けに適した生葉を利用するハーブ、であることがわかりました。

レモングラスとレモンバームの違いはこちらでまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました