スポンサーリンク

偶然と奇遇の違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

言葉

「偶然」と「奇遇」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも思いがけないことが起こる様子を指す言葉ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「偶然」と「奇遇」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

偶然の定義

「偶然」を広辞苑で調べると、

何の因果関係もなく、予期しない出来事が起こるさま。たまたま。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「偶然」は予想していないことが因果関係なしに起こることである、ということがわかりました。

それぞれの漢字について見てみると、「偶」は「たまたま」という意味があり、「然」は「しかり」となるため、「偶然」とは「たまたま起こった出来事」という意味になります。
文章中での使い方としては、「偶然〇〇する」「偶然の〇〇」というように、動詞や名詞とセットで用いられることが多いです。

created by Rinker
¥473 (2024/07/13 11:39:46時点 Amazon調べ-詳細)

奇遇の定義

「奇遇」を広辞苑で調べると、

思いがけず出会うこと。不思議な縁でめぐりあうこと。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「奇遇」は不思議な縁があってたまたま出会うことを指す言葉です。

それぞれの漢字について見てみると、「奇」は「めずらしい、めったにない」などの意味があり、「遇」には「出会う」という意味があります。
つまり、「奇遇」とはめったに会うことのない人との思いがけない出会いに対して用いる言葉であるということがわかりました。

文章中での使い方としては、「こんな場所で会うなんて奇遇だ」というようなものがあります。

created by Rinker
¥827 (2024/07/13 10:44:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥9,900 (2024/07/13 11:56:33時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「偶然」と「奇遇」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • 偶然は「予想していないことが因果関係なしに起こること」
  • 奇遇は「不思議な縁があって、思いがけず珍しい人と出会うこと」

となり、「偶然」はたまたま起こる様々な事象について用いられるのに対し、「奇遇」は人との出会いについてのみ用いられる言葉である、ということが分かりました。

「寄り道と道草の違い」についてもまとめています。

読めば勝手に雑学が身に付く当ブログは【毎日更新中!】
Twitter または Instagram で更新情報をアップしてるので、是非フォローお願いします!

言葉
スポンサーリンク
ことばの違い.comをフォローする
ことばの違い.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました