スポンサーリンク

アヒルとガチョウの違い。定義・意味・使い方は?広辞苑より。

自然・現象

「アヒル」と「ガチョウ」の違い、あなたは説明できますか?

どちらも白い羽根に黄色いくちばしを持つ鳥ですが、両者に明確な違いはあるのでしょうか。

このページを読めば「アヒル」と「ガチョウ」の違いがわかります。

スポンサーリンク

広辞苑より

広辞苑 第七版で各言葉は次のように表現されています。

アヒルの定義

「アヒル」を広辞苑で調べると、

カモ目カモ科の家禽。マガモの飼養品種で、種類が多い。肉や卵をとり、羽毛は羽ぶとんに使用。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「アヒル」は主に食用としてお肉を食べたり、羽を利用するために飼われるカモ科の鳥であることがわかりました。

「アヒル」は食用としてのイメージが少ないかもしれませんが、実はお店では「合鴨」という名称で販売されています。

同じ家禽のニワトリとは異なり、アヒルは水辺で生活するため、飼育するための手間とコストがかかることから日本では高級食材の一つとして扱われています。

「アヒル」のくちばしはガチョウと比較すると薄く平らになっています。

ガチョウの定義

「ガチョウ」を広辞苑で調べると、

カモ目の家禽。ガンの飼養変種で、ヨーロッパ系と中国系とがある。前者はハイイロガン、後者はサカツラガンが原種。主に肉用とし、日本では愛玩用とされることが多い。羽色は白色のものと灰褐色のものとがある。唐雁。鵝。

広辞苑 第七版 より [発行所:株式会社岩波書店]

とのことで、「ガチョウ」はアヒルと同じカモ科の鳥ですが、日本では主に食用よりもペットや観賞用の要素が強い鳥であることがわかりました。

「ガチョウ」の肝臓を肥大させたフォアグラは高級食材として有名で、フランスやヨーロッパではよく食べられています。

香港や台湾では、ガチョウのお肉は一般的なお肉として流通しリーズナブルな値段で食べることができます。

アヒルと見た目がすごく似ていますが、「ガチョウ」は白い羽をした種類とグレーの羽をした種類の2種類が存在しています。

アヒルと比較するとくちばしが立体的になっています。

created by Rinker
¥9,900 (2023/02/04 07:57:53時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

つまり「アヒル」と「ガチョウ」の違いは?

つまりそれぞれの違いは

  • アヒルは「カモ科の鳥で日本では食用・羽毛を取るための家禽とされる」
  • ガチョウは「同じくカモ科の鳥だが、日本では滅多に食べられずペットの要素が強い」

となり、「アヒル」は生活の一部となる家禽であるのに対し、「ガチョウ」は日本ではどちらかというと愛でて楽しむためのペットに近いことが分かりました。

カモと合鴨の違いはこちらでまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました